農業法人設立

日本の農業生産の職業時給率が40%以下になったことを受けて現行農業の改革が叫ばれ始めている。農業人口の減少、高齢化、後継者不足、そして非効率な生産体制と改善するための課題は多い。従来からの家族農業や営農集落の現代的経営手法の早期の導入による利益率の向上が緊急課題になっている。

農業経営の法人化のメリット

  • 1.効率経営による利益率の向上、経営管理能力の向上
  • 2.資金調達力の向上と新生産機器の購入が可能になる
  • 3.新規農業従事者の確保が容易になる
  • 4.取引の信用度が向上する
  • 5.労働災害保険の適用従業員の福利厚生の向上
  • 6.経営者の後継者問題が解決される
  • 7.助成金、補助等の支援が得やすい(スーパーL資金の利用等)
  • 8.地域農村社会の活性化をもたらす

農業法人と農業生産法人

農業法人とは、農業を営む法人の総称。
農業法人は、農地権利の取得の有無によって大きく「農業生産法人」と「一般農業法人」に区分されている。また、農業法人は設立の形態によって会社法による商行為その他の営利事業ができる「会社法人」と農業の共同利益の増進を図る農業組合法により設立する「農事組合法人」とがある。

 

 

 

法人登記手続依頼書

東京・南青山に株式会社を設立
会社名・資本金(1,000万円まで相談可)を入力してFAX送信してください。
概算見積書を折り返しでお送りします。

レンタルオフィス

事務所を希望の方は東京一等地(南青山)のレンタルブース「オフィス乃木坂」月額3万円〜をご利用下さい。(見学歓迎)

秘書サービス

事務スタッフ、専用受付電話と本社事務を完全アウトソーシングして下さい。
創業支援ですので低コストでサポートしております。